青いレモン

■レモンの色は何色?
岩城島は、「青いレモンの島®」をキャッチコピーに、レモンのさいばいに力を入れてきた島です。青いレモンとは、秋から12月の間に緑色の状態でしゅうかくされるレモンのことです。青いレモンという品種があるわけではありません。今では、他の地いきでも緑色のレモンを出荷するようになりましたが、緑色のレモンを「青いレモン」と名付け商品化したのは、岩城がさきがけ(始まり)です。

当時、スーパーなどで売られているレモンの多くは、外国産のものでした。外国産のレモンも、しゅうかくしたばかりの時は緑色をしていますが、船で日本まで運ぶ2〜3ヶ月の間に、黄色になります。そのため、一般的(いっぱんてき)には、レモンは黄色いものと思われていました。しかし、本来、秋から12月の間にしゅうかくされるレモンは、じゅくしていても緑色をしているのです。

■岩城島が「青いレモンの島®」になるまで
脇義富(わき・よしとみ)さんは、青いレモンを「しゅうかくしたての新せんな国産レモンのあかし」としてPRし、はん売し始めた方です。脇さんは、1971年(昭和46年)に愛媛県果樹試験場の職員として岩城島にやって来て、レモンのさいばいについて研究し始めました。新せんな国産レモンを世に広めたいとの思いで研究を重ね、レモンの育て方を農家さんに教えたり、青いレモンのおいしさを伝えたりされてきました。脇さんのおかげで、岩城島にレモンさいばいが広がりました。脇さんは、青いレモンの生みの親です。

脇さんが、岩城でレモンを作り始めたきっかけは、岩城の気候がレモンを作るのに合っていたからだそうです。冬はあたたかく、雨があまりふらないという瀬戸内(せとうち)の気候が、レモンのさいばいが盛んなイタリア(地中海)の気候に似ていることに注目したそうです。それ以前にも、明治時代からレモンのさいばいは行われていましたが、1964年(昭和39年)レモンの輸入自由化でレモンのねだんが下がり、さいばいされなくなっていました。そんなレモンのさいばいを復活させようと、脇さんは研究に取り組みました。ヨーロッパやアメリカからレモンを取り寄せ、岩城に合うものを選んだそうです。そして、「アレンユーレカ」という品種にたどり着きました。とげが少なく(レモンの木には、とげがあります)、木が小さい時から実がなるのが特ちょうです。

また、脇さんは日本で初めて、レモンのハウスさいばいに成功した方でもあります。最初は、5件の農家がハウスを建てて、ハウスさいばいを始めたそうです。1984年に、ほしい人にレモンのなえ木に配り、レモンさいばいは岩城全体に広まっていきました。

 (写真:レモンの花)

【取材協力】
脇義富(わき・よしとみ)さん(1947年生まれ、香川県丸亀市出身)

【調査・文章】
2018年度岩城小学校6年生

関連記事