レモンの散歩道

レモンの散歩道は、岩城島の西・西部(にしべ)地区にあるレモンの畑をぬける道です。きょりは、約1キロほどあります。

レモンのかおりと海からの風を感じながら、ウォーキングやサイクリング、散歩などを楽しむことができる道です。
(写真:岩城のレモン)

レモンの散歩道は、平成6年5月にできました。作ったのは、役場の人たちです。岩城の特産品がレモンだということを知ってもらうために作ったそうです。西部は、景色が良くて、夕日もきれいに見られる場所なので、この場所に散歩道ができました。

レモンの散歩道には、レモンを型どった案内板や現在地を示したイラスト入りのかわいいかん板があります。

(写真:レモンの散歩道の案内看板)

ちなみに、岩城のマンホールには「レイラちゃん」というレモンのキャラクターがえがかれています。「青いレモンの島」岩城島には、あちらこちらにレモンにまつまるものがあります。ぜひ見つけてみてください。

◎見てみよう!
当時の「広報いわぎ」で、レモンの散歩道のことがしょうかいされています。
クリックすると別ウインドウが開きます。(PDFファイル)
広報いわぎ 平成6年6月<リンク>

【取材協力】
上島町役場

【調査・文章・写真】
2018年度岩城小学校6年生

関連記事