野や磯の食材

■野や磯(いそ)にある食材
 弓削島では昔から、野草や海そう、貝を自分でとって食べることがありました。たとえば、セリはゆがいてしぼったものを刻んで、白ご飯に混ぜて「セリご飯」にして食べることがあります。

 かつて弓削島では、今よりもたくさん、季節ごとに様々な野草や海そう、貝がとれたそうです。春は、ワラビ、フキ、タラノメ、ハアタナ(イタドリ)、ヨモギ、タンポポ、セリ、ユキノシタ、ツツジの花、ブイブイ(ナワシログミ)などです。夏は、ツルナ、アサリやツボなどの貝、モズク、イギス、モバ(アマモ)などです。秋は、マツタケ、ズルナバ、ナメコなどのキノコやアケビ、冬は、ノビルやイワガキなどです。ヨモギは、秋にもとれるそうです。

(イラスト:ノビル)

■取り方のコツ
 それぞれに、とり方のコツがあります。たとえばタラノメは、えだの真ん中ではなく、えだ分かれしているところが取れやすいそうです。イワガキは、カキウチと言う細いカマのような道具を使って貝がらから身をとります。その時、貝がらのふくらんでいるほうではなく、平べったい方をコツコツたたきます。たたいていると貝がらが開いてくるので、そこにカキウチの先を入れてこじあけます。

(写真:かきうち)

(イラスト:かきうちの方法)

 このように山や磯には、食材になるいろいろなおいしい野草や海そう、貝が生そくしていました。また、家の近くの「げし」とよばれていたところでも野草がよくとれていたそうです。げしとは、畑と道の間にある、草が生えたちいさなしゃめんのことです。

■おいしい食べ方
 野草や海そうには、それぞれおいしい食べ方があります。タンポポやユキノシタは、天ぷらです。特にタンポポの花は花びらが閉じてしまわないように、明るいうちにとれたものをすぐにあげるときれいだそうです。ツルナは、おひたしやごまあえにして食べたそうです。ノビルは、ゆがいて、さとうとからし、おす、みそをすりばちですったものをつけて食べます。その時、葉の部分をむすぶと、緑色の部分がかざりになってきれいだそうです。また、イワガキは、カキごはんにして食べると美味しいそうです。

 野草を調理する時に気を付けることは「あくぬき」です。天ぷらにする時は、そのままあげてよいですが、それ以外の調理では、ゆがいたあと水にひたしておくなどして、かならずあくぬきをします。

 今回、取材させていただいたのは浜長子さんです。1942年生まれの77才で、今もご夫婦で野草をとっています。浜さんが子どものころは家の周りや、「おくごおら」と呼ばれていた、少し暗く、草や木などがたくさん生えている山の入り口で食べられる野草がよくとれたそうです。

 子どもに人気があったのは、アケビ、ブイブイ、ハアタナなどでした。まだ青いアケビは、米びつの中に入れて、じゅくしてから食べました。じゅくして食べるとよりあまく、やわらかくなります。米びつがなければ、常温で置いておいてもよいそうです。ハアタナは特に男の子に人気で、勇気のある子は、「おくごおら」のおくまで入って行ってとってきたそうです。外の皮をたてにさくようにむいてかじったそうです。また、海では遊びながらもばの根をかじって食べたそうです。根はあまかったそうです。

 ぼくたちは取材の時に、春には野草を天ぷらにしてもらって、秋には木になっているアケビをとり方や食べ方を教えてもらって、食べました。

(写真:浜さんがつくってくれた天ぷら)

 天ぷらは食べる前はあまりおいしくないだろうと思っていました。でも、いざ食べてみると予想をはるかにこえるおいしさでした。苦味はあまりなく、塩とよく合ってポテトチップスのようにサクサクしていました。特にユキノシタがおいしかったです。ユキノシタは葉の表が緑色でうらは茶色で、色もおもしろかったです。


(写真:ユキノシタの葉の表と裏)

 アケビは長いえだきりばさみを使って、自分たちでとりました。とれた実をよく見ると実の真ん中に筋があり、そこに切りこみをいれるように手で割って中身を食べました。食べるのは種のまわりの綿のような部分です。食べながら、種を口の中から外に飛ばして遊ぶのも楽しいと教えてもらいました。


(写真:山に実るあけび、とったあけび、あけびの中身)

 このように弓削島には、自然のものを色々工夫しておいしく食べている人たちがいます。とてもかしこいなと思いました。また、こうした知識を持っていたら、自然災害の時にも野草や海そうが食べられます。ぼくたちは食べられる野草や海そうがある弓削島の自然を、これからも大切にしたいです。

※年れいは2020年3月末時点のものです。

【取材協力】
濱 長子(はま・ながこ)さん(1942年生まれ・弓削島出身)

【調査・文章・イラスト・写真】
2019年度弓削小学校6年生

関連記事